NIPTで陽性結果になった時

NIPTで陽性が出た時の対応法

このサイトでは、NIPTが陽性であった場合に対処に役立つ情報を紹介しています。
検査の結果が出ても、うまく受け止められない人は少なくありません。
落ち込んでいても意味がないので、次に取るべき行動をよく考える必要があります。
そもそも、どれくらい信憑性のある検査なのか把握していないようなケースも多いです。
結果を最大限に活かせるように、非確定的検査や羊水検査も視野に入れながら正しい知識を身につけておきましょう。

NIPTで陽性が出たら考えること

NIPTで陽性が出たら考えること もしNIPTで陽性が出た場合、まず戸惑う気持ちを抑えて冷静になることが求められます。
そのうえで、自分たちに何が必要なのか十分に検討しなければなりません。
胎児にどのような問題があるのか理解することから始め、どうすれば最も円滑に生活を始められるのか考えることが基本になります。
また、NIPTの結果をただ鵜呑みにするスタンスも良くありません。
結果の正当性について確証を得ようとする慎重さが求められます。
ただし、誤りであることを願って、つらい現実から逃れたいという気持ちで行うのは間違いです。
より的確な対処を行える状態にすることが目的となります。
それに必要となる事後的な取り組みが何なのかよく考えるようにしましょう。

NIPTで陽性の結果が出たときの意味と対応

NIPTで陽性の結果が出たときの意味と対応 NIPTは新型出生前診断と言われているものです。
妊娠10週目から実施することができて、母体の採血だけで済むので、胎児に影響を与えないことがメリットとなります。
母体の血液には胎盤から胎児のDNAが流れ込むため、その染色体の数的変化を確認するだけで、染色体異常を発見することが可能です。
その確度は99%と言われていいて、高い精度があります。
ただし染色体異常以外の疾患を調べることができないので、注意が必要です。
NIPTで陽性という結果が出た場合、染色体に異常があることになります。
主にダウン症候群と呼ばれる疾患であり、多くの場合知的障害を発症します。
それ以外にも発達異常や身体的な差異なども見られることがあります。
先天性であり治療方法もないため、生活の仕方を工夫することで、サポートすることが重要になります。
NIPTで陽性となった場合、染色体異常であることは確実と言えます。
ごく稀に偽陽性が出ることもあるので、他の検査をして確認することも重要です。
同じ結果となった時には、生まれてくる子供のために何ができるかを考えてあげましょう。
生活に支障が出るような場合でも、サポートできる体制であれば問題ありません。

NIPTを受けることで赤ちゃんの染色体異常がわかる

妊娠した時に、お腹の中の赤ちゃんが特に異常がなく健康だと良いのですが、稀にそうではないことがあります。
出産する前にNIPTを受けることで、染色体異常があるのかないのかを知ることができます。
妊婦さんが若い方が染色体異常が起こりにくく、高齢出産の場合はその可能性が高くなるので、特に高齢出産の女性が受けることが多いかもしれません。
母体への負担もほとんどありませんから、検査しやすいメリットもあります。
NIPTは妊婦さんの血液を調べるだけで済む検査です。
確定診断ではないものの他の検査方法では、母体の負担が大きくなりますから、流産の危険性がないとは言い切れません。
もちろん、そうならないように気をつけて検査を行いますが、負担があることは確かです。
それに比べて、NIPTは妊婦さんの血液中に含まれている赤ちゃんの遺伝子を調べることで染色体異常があるかどうかがわかります。
しかも、かなり精度が高いので気になる人は受けてみてください。

NIPTでお腹の中の赤ちゃんのDNAを検査する

妊娠したけれど、お腹の中の赤ちゃんの状態が気になっていませんか。
NIPTであれば、血液だけで検査をすることができますので、母体への負担がとても軽くて済みます。
しかも、精度がとても高いので受けやすいかもしれません。
他の方法の場合は、母体への負担があることが多いです。
だから、まずはNIPTを受けることが当たり前となっています。
妊婦さんの血液中には、赤ちゃんの断片的なDNAが含まれています。
これを調べることで染色体異常があるのかないのかがわかるので、血液だけで十分です。
採血をするだけで済みますので、短時間で済むのもメリットです。
妊婦さんの中にも忙しい人はいるでしょうから、そう言う人も受けやすいでしょう。
30歳以上の人が受けた際の陰性の精度はかなり高いと言われています。
ただし、陽性と判定された場合は念のためにその後に羊水検査などを受けて結果を確定させなくてはなりません。
陰性の場合はそれ以上調べなくて済みます。

NIPTはお腹の中の赤ちゃんの染色体異常を調べられる

妊娠したのは良いけれど、必ずしもお腹の中の赤ちゃんが何も障害を持っていないとは言い切れません。特に高齢出産の女性はダウン症などを持っている赤ちゃんを出産する割合が高いと言われています。今は、高齢出産が当たり前と言っても良いかもしれない時代です。お腹の中の赤ちゃんがどのような状態なのかを知るためにも、出産する前にNIPTを受けておきたいと思っていませんか。
NIPTは、妊婦さんの血液を調べて胎児の染色体異常を調べることができます。これまではお腹に針を刺すなどしないといけない羊水検査などしかありませんでしたが、今では採血だけで済むNIPTがあるために検査を受けやすくなりました。
陰性の場合は特に問題はありませんが、もしも、陽性と言われた場合はその後に確定診断を受けてください。血液だけで受けられるのは手軽ですが、NIPTは確定診断ではないので羊水検査などを受けて本当に陽性かを確かめる必要があります。

妊婦さんの血液を調べるNIPTは確定診断ではありません

妊婦さんの中には、お腹の中の赤ちゃんがダウン症などではないかと不安に思っている人もいます。特に、高齢出産であったりこれまでダウン症などの子供を妊娠・出産しているならなおさらです。今では、妊婦さんの血液だけで胎児を調べることができるNIPTがあります。検査の対象者が決まってはいるものの、これなら妊婦さんの体の負担が少なくて済むので良いのですが、この検査は確定診断ではありません。
陰性と出た場合はほぼ正確なので良いのですが、もしも陽性と言われた場合は確定診断を受ける必要があります。NIPTは陽性の場合は精度が下がってしまうためです。
だから、羊水検査など妊婦さんの体への負担がより大きい検査を受ける必要があります。もちろん、安全に検査を行いますがNIPTと比べると妊婦さんの体には負担がかかります。結果が陰性の場合は羊水検査などを受けなくて良いのですが、結果が陽性だった場合はNIPT以外の検査が必要です。

NIPTの参考サイト

NIPT 愛知


Copyright © 2020 NIPTで陽性結果になった時 all rights reserved.